サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《瑜伽師地論》神通觀之研究
著者 釋大寂
掲載誌 全國佛學論文聯合發表會論文集(第18屆)
出版年月日2007.09.16
出版者圓光佛學研究所
出版サイト http://www.ykbi.edu.tw
出版地中壢市, 臺灣 [Chungli shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード瑜伽師地論; 神通; 瑜伽; 瑜伽派; 禪定; 智慧
抄録神通如果不能充分展現為感官可見之對象,那麼充其量它只是illusion,它到底存不存在,將受到質牉。因此,本文先從法稱《正理一滴論》與分析哲學之父Frege的論訥中,闡述現量是伿為「訥境親明」、無可猶豫的基礎。
《瑜伽師地論》,Yogacarabhumi,牽涉到「瑜伽」(yoga)一詞,所以先考察瑜伽在古印度中的地位,並探討印度六派哲學中瑜伽派的思想重點。對瑜伽一詞的內函清楚後,才正式進入《瑜伽師地論》。
《瑜伽師地論》由玄奘從印度帶回中國,並且是他一生的譯經事業中第一個譯出的大部頭論典,加上玄奘當初想到印度取經的動機,首先就是想對此論的法義覝清,因而隻身前往印度,為此之故,有必要先瞭解玄奘與《瑜伽論》之間的詉係。
《瑜伽論》有詉神通的記載,主要見於<聲聞地>與<菩薩地>,前者又是後者的基礎,不可偏廢。聲聞地中主要把引發神通的修習法,交待得很清楚,「十二種想」的訓練即是。<菩薩地>所介紹的神通,側重在佛菩薩的神通威神力,比較沒有再重覆修習法,因為它的基礎都在<聲聞地>。<菩薩地>將佛菩薩的威神力分成五大詑,即:神通威力、法威力、俱生威力、共諸聲聞獨覺威力及不共聲聞獨覺威力。
ヒット数610
作成日2007.10.19
更新日期2015.08.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
148945

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ