サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Two Truths Debate: Tsongkhapa and Gorampa on the Middle Way
著者 Sonam Thakchoe ; Garfield, Jay L.
出版年月日2007.10
ページ352
出版者Wisdom Publications
出版サイト http://www.wisdompubs.org/
出版地Somerville, MA, US [薩默維爾, 麻薩諸塞州, 美國]
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
キーワード中道=The Middle Way; 西藏佛教=藏傳佛教=Tibetan Buddhism; 佛教人物=Buddhist; 空性=Sunyata=Sunnata=Emptiness; 修行方法=修行法門=Practice; 開悟=證悟=Satori=Enlightenment; 戲劇=Drama
抄録The Middle Way is a central idea for all Buddhists, yet its definition varies across Buddhist cultures. In Tibetan Buddhism, the interpretation of what are called the two truths — the truth of conventional appearances and the ultimate truth of emptiness — is especially contentious. This comparative analysis examines the differing approaches toward the Middle Way taken by the two great Buddhist scholars, Tsongkhapa and Gorampa. It demonstrates how philosophical positions have dramatic implications both for how one approaches Buddhist practice and for how one ultimately understands enlightenment itself.
ISBN9780861715015
ヒット数671
作成日2007.12.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
152529

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ