サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
色難 -- 孝順的故事
著者 釋證嚴=Shih, Cheng-yen
出版年月日2007.11.20
ページ224
出版者聯合文學出版社有限公司
出版サイト http://unitas.udngroup.com.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード轉世=輪迴=Samsara=Rebirth=Reincarnation; 無常=Anitya=Impermanent=Anityata=anicca; 梵網經=Brahmajala Sutra; 法師=Master; 佛; 尼陀那=因緣=Nidana; 六道=Six Paths=Six States of Existence=Six Destinies=Six Directions of Reincarnation
抄録子夏問孝,子曰:「色難。」
子夏問他的老師孔子什麼是孝?孔子說:「和顏悅色最難。」孔子並未從作為細節去回答子夏,反倒以「和顏悅色」為根本解答,因為發自內心的表情,才是子女對父母最溫暖的回報,雖然這個回報是父母所給予者的千萬分之一,如大海中的涓滴。過去證嚴法師曾解說過《佛說父母恩重難報經》,佛說父母之恩,「慈母像大地,嚴父配於天,覆載恩同等,父娘恩亦然」,父母照料並繫念子女,至死不渝。佛在世時,舟車交通極為費時,當然也沒有電報、電話、電郵,一個外遊或經商的兒子逾時未返,母親往往哭瞎了眼睛、哭出血來。
父母和子女不只是一種關係,是甚深的因緣和合而成。但是隨著現代化的發展,孝道淡薄了,「色難」成為社會必須重新省思的議題。 證嚴上人講說孝順、勸人行孝長久未歇,他所殷殷期盼者,便是希望子女體會父母之恩,從和順發心、和顏悅色開始,讓人間的每一個家庭都是最完美的「老人院」。
本書分為四卷,從歷年來證嚴法師講述的眾多道理和故事中深情而出,卷一「親恩不能忘」,講述何以世間父母最親、其恩最重。卷二「行孝不能等」,說孝順是人的本分,是感恩和學佛的源始;無常迅速,行孝於當下,不要有樹欲靜而風不止的悔恨。卷三「人皆我父母」,則從子女和父母之因緣出發,及於六道輪迴中,一切現世、累世、有緣、無緣眾生,有大孝者才能有大愛,如《梵網經》所云:「一切男子是我父,一切女子是我母,我生生無不從之受生,故六道眾生皆是我父母。」卷四「新二十四孝」,講的是現代讓人動容的孝者,他們孝心真純,孝行照亮人間。
人身難得,人身從何而出?從父母而出。從「色難」的覺悟出發,從孝出發,此生,我們就當下學佛,自身也必然開始熾然光明。
ISBN9789575227258 (平)
ヒット数540
作成日2007.12.25
更新日期2007.12.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
153116

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ