サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
倶舎論の原典研究 -- 随眠品
著者 小谷信千代 ; 本庄良文
出版年月日2007.10.12
ページ352
出版者大蔵出版=daizoshuppan
出版サイト http://daizoshuppan.bunkensystem.co.jp/daizo/index.asp
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録倶舎論第五章(随眠品)は、仏教において最も本質的な課題である、煩悩についての解説を行っている。本書では、随眠品の本論と称友疏について、サンスクリットテキストからの和訳を合本とする。翻訳に当たっては、真諦訳・玄奘訳やチベット訳をはじめ、多種の対照資料の検討によって厳密を期し、その成果を詳細な語句注や校訂注として示す。また、巻末にはテキストの原文訂正案を提示する。

目次
序説
1. 九十八随眠とは何か
2. 九十八随眠の分類的考察
3. 根本随眠余論
4. 経にみえる諸煩悩 
5. 煩悩の断滅
ISBN9784804305707
ヒット数294
作成日2007.12.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
153222

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ