サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
生産と消費の自己構築 : タイ都市部の仏教運動における瞑想と教団イベント
著者 矢野秀武 (著)=Yano, Hidetake (au.)
掲載誌 宗教と社会=Religion and Society=シュウキョウ ト シャカイ
巻号v.7
出版年月日2001.06.17
ページ111 - 131
出版者「宗教と社会」学会=The Japanese Association for the Study of Religion and Society
出版サイト http://jasrs.org/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート矢野 秀武
日本学術振興会
抄録本稿は、タイにおいて巨大な寺院組織(教団)へと拡大してきたタンマカーイ寺およびタンマカーイ財団をとりあげている。1970年代初頭より活動を展開しているこの教団は、独特な瞑想実践の思想、マスメディアの使用、大規模な建造物の建立、大々的な教団イベントの実施、過剰な献金要求などから問題視され、1998年末から批判が高まり、タイ仏教史上重大な社会問題となっている。本稿では、そのようなタンマカーイ問題を直接は扱わないが、この問題の背後にある消費社会と宗教の接点からタンマカーイ寺と財団の特質を明らかにする。対象としては、瞑想実践、教団イベント、マスメディアの介在と、消費的な宗教行為の連関を取り上げる。そして彼らの宗教的な自己構築と自己表象の営みが、都市部の高学歴層が直面している、生産と消費の心性の急速な形成、消費社会と公的な仏教道徳の矛盾等の問題を、独自の形で乗り越える試みであることを明らかにする。
目次1 はじめに 111
2 タンマカーイ寺(および関連団体) 113
3 自己構築と制度的な矛盾 115
4 瞑想.イベント . マスメディアと自己表象 118
5 生產と消費の自己 120
6 消費と公的宗教 124
7 むすび 126
參考文献 129
ISSN13424726 (P)
ヒット数343
作成日2008.01.24
更新日期2020.06.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
154763

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ