サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
山の宗教 -- 修験道
著者 五来重 ; 井上博道
出版年月日1999.10.11
ページ268
出版者淡交社
出版サイト http://www.tankosha.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート新版
キーワード苦行
抄録山は今もなお厳粛な信仰の聖所として、生きた宗教のすがたをもっていきづいている。宗教民俗学の硯学が、身をもって踏査した、苦行を通して神と交流する修験道の貴重な記録。

目次
石鎚山の鎖
山の宗教-苦行と捨身(野性の宗教;即身成仏─護法飛び ほか)
金の御岳(象の小河;天武潜龍 ほか)
大峯の奥駈(発心門;蹶抜の塔 ほか)
出羽三山(羽黒のなんばんいぶし;東晋陀落 ほか)
ISBN9784473016904
ヒット数277
作成日2008.01.31
更新日期2011.01.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
155621

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ