サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
親鸞と浄土教 -- 信楽峻麿教授還暦記念論集=Essays on Shinran and Pure Land Buddhism;In Honor of Professor TAKAMARO SHIGARAKI On The Occasion of his Sixtieth Birthday
著者 信楽峻麿先生傘寿記念論集委員会
出版年月日1986.09
ページ650
出版者永田文昌堂
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類論文集=Collected Papers
言語日文=Japanese
キーワード浄土; 親鸞; 教判; 信心; 法然; 往生
目次信楽 峻麿「親鸞における信と時」pp. 1-44
石田 充之「『大無量寿経』と『教行信証』」pp. 45-76
梯 実円「法然聖人における一念多念の問題」pp. 77-116
日野 振作「浄土教の展開と親鸞」pp. 117-144
山田 行雄「浄土教における往生行の研究 五念門往生説の展開」pp. 145-180
山本 仏骨「懐感の願生思想」pp. 180-192
霊山 勝海「源空讃素材の史料について 『知恩院講私記』と『西方指南抄』との関連」pp. 193-220
菊藤 明道「親鸞思想における宗教倫理の基底理念」pp. 221-256
築田 哲雄「信における変革の問題」pp. 257-288
徳永 道雄「親鸞に於ける教判論の宗教的意義 特に悲歎を中心として」pp. 289-304
徳永 大信「『歎異抄』にみる人間の問い その文章構成法の問題として」pp. 305-316
徳永 道雄「他力行信の無所得性について The Anupalabdhi Aspect in Shinran's Concept ofShinjin」pp. 317-336
西元 宗助「歎異抄の「ただ念仏」「ただ信心」」pp. 337-346
野村 伸夫「自力念仏・他力念仏」pp. 347-362
源 重浩「親鸞における罪悪思想の一考察 自己中心性の問題を遶って」pp. 363-388
毛利 悠「親鸞における「悪人正因」の思想」pp. 389-424
山崎 龍明「親鸞における真実と俗(仮・偽)」pp. 425-451
池田 行信「戦時教学の論理構造」pp. 452-478
柿本 理海「戦時教学とその時代背景及び責任の問題について」pp. 479-516
西光 義敞「親鸞の対人的態度と人間観 C.R.ロジャーズの理論を手がかりとして」pp. 517-548
龍渓 章雄「真宗教学における戦争責任の問題 戦後真宗学者の動向をめぐって」pp. 549-578
深川 宣暢「教学における「論理」と「時間」の問題 真宗教学史研究序説として」pp. 579-606
松岡 宗淳「現代の伝道教化とカウンセラー的態度」pp. 607-640
山岡 誓源「アメリカにおける浄土真宗とその将来 Shin Buddhism and Its Future in America」pp. 641-
ヒット数585
作成日2008.02.13
更新日期2014.07.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
155741

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ