サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中世寺院社会と仏堂
著者 山岸常人
出版年月日1990.02
ページ444
出版者塙書房
出版サイト http://www.hanawashobo.co.jp/contents/list/index.html
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード自性
抄録中世の寺院の建築で主流となった「中世仏堂」形式の仏堂を素材として取り上げ、寺院固有の活動である法会勤修を中心とした寺院社会の活動が、その活動の場たる堂舎といかなる係わりをもちながら行われたか、寺院社会の独自性を解明。第1部では僧侶集団の活動の実態を探り、第2部では個別の仏堂の変遷と寺院社会の関係を通時的にみる。
ISBN9784827310771
ヒット数489
作成日2008.02.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
155915

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ