サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
杜永彬博士《更敦群培評傳》--兩點商榷=A Critical Review of Du Yongbing's Biographical Study on dge 'dun chos' phel
著者 劉宇光 (撰)=Liu, Lawrence Yu-guang (compose)
掲載誌 臺大佛學研究=Taiwan Journal of Buddhist Studies
巻号n.14
出版年月日2007.12
ページ221 - 252
出版者國立臺灣大學佛學研究中心=The Center for Buddhist Studies, National Taiwan University
出版サイト http://buddhism.lib.ntu.edu.tw/BDLM/cbs/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article; 書評=Book Review
言語中文=Chinese
ノート作者單位:香港中文大學哲學系
キーワード藏傳佛教=Tibtan Buddhism; 中國藏學=Chinese Tibetology; 西藏現代史=Modern Tibet; 格魯派=dge lugs pa; 更敦群培=dge'dun chos' phel
抄録本文主要目的是對杜永彬博士已出版的中國社科院博士論文《更敦群培評傳》作出兩點商榷;其次是以此為例,輔以中國大陸的藏學政策性文件,略談中國藏學,尤其在藏族哲學研究上的結構性限制。本文對《評傳》立論的兩項質疑是:(一)用統獨架構來定位更敦群培的適切性;(二)對更敦群培佛學(尤其中觀哲學)思想及其在西藏佛學史上角色的理解。

This is a critical review of Du Yongbing’s book-volume biographical study on dge ’dun chos’ phel. I try to argue two main points in this article. Firstly, the role of dge ’dun chos’ phel in modern Tibet is so complicated that we should not reduce the issue in a dualistic discourse of Union vs. Independence. Otherthan arousing antinomy, this dualism can do nothing to help us to clarify the problem. Secondly, from the viewpoint of historical development of Mādhyamika Philosophy in Tibetan Buddhism, Du's claim that dge'dun chos'phel is a original thinker within Mādhyamika tradition is philosophically groundless. Finally, this article will take Du's study as an example to illustrate the general situation of Tibetology in Mainland China.
目次一、評傳一書的內容、架構與論旨 225
二、國族主義的二律背反 229
三、宗教改革或回歸原義? 235
四、限制 244
ISSN10271112 (P)
ヒット数3026
作成日2008.03.06
更新日期2017.07.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
156131

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ