サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
當光亮照破黑暗 -- 達賴喇嘛講《入菩薩行論》<智慧品>=Practicing Wisdom: The Perfection of Shantideva's Bodhisattva Way
著者 第十四世達賴喇嘛 (著)=His Holiness the 14th Dalai Lama (au.) ; 廖本聖 (譯)=Liao, Ben-sheng (tr.)
出版年月日2008.02.22
ページ264
出版者橡樹林出版社=Oak Tree Publishing Co.
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート初版
キーワード達賴喇嘛=Dalai Lama; 菩薩道=菩薩行=The Bodhisattva Path=The Bodhisatta Path; 菩薩=Bodhisattva; 菩薩; 喇嘛=Lama; 寂天=Santideva; 修行; 入菩薩行論=Bodhicaryavatara=Bodhisattvacharyavatara
抄録寂天《入菩薩行論》是大乘佛教最重要的精神與哲學典籍之一,也是達賴喇嘛尊者鼓舞自己的精神與力量的最大泉源。「各種層面的佛陀教法,目的均是為了開發智慧。」「第二世紀的印度祖師龍樹說,對於精神發展而言,信心和理智兩者都是關鍵要素,這兩者中,信仰是基礎。然而他很清楚地說,要讓信心有足夠的力量,驅使我們在精神方面有所進展,我們需要理智,也就是一個可以讓我們辨認正道並培養深刻洞見的能力。但是瞭解不應只停留在知識與理智的層面,應該結合你的內心與心靈,這樣才會對行為產生直接的衝繫,否則你對佛教的研究將純粹只是理智上的,對你的態度、行為或生活方式將沒有絲毫影響。」
本書是達賴喇嘛於一九九三年法國南部講寂天《入菩薩行論》〈智慧品〉的內容集結。此次講法的特別之處,在於尊者使用兩部論點相左的參考書分析有情與現象的究竟本質,引導讀者認識佛教修行上開發智慧的重要性。尊者在說法中將個人體悟及實踐的經驗及心得點綴於其中;書中並收入尊者帶領讀者做觀修的方法,對於內容的了解是一項有利的輔助。

ISBN9789867884770 (平)
ヒット数1248
作成日2008.03.24
更新日期2014.10.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
156969

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ