サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
親鸞のこころ -- 永遠の命を生きる
著者 梅原猛=Umehara, Takeshi
出版年月日2008.01.07
ページ224
出版者小学館
出版サイト http://www.shogakukan.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード親鸞; 生死
抄録日本人にもっとも親しまれている仏教者、親鸞の教えの真髄とは何か。それは「悪人正機説」を超える「二種廻向」の教えだという。つまり人は死ぬと浄土に往き、やがてまたこの世に生まれ変わってくる。この生死の繰り返しによって、われわれは永遠の命を生きているのである。永遠の命に思いを馳せたとき、われわれは自然と共生し、家族や社会を支える倫理感を回復し、安静で充実した人生をおくることができると著者は説く。
ISBN9784094082418
ヒット数555
作成日2008.03.28
更新日期2008.12.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
157531

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ