サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中論析義
著者 李潤生
出版年月日1999
出版者志蓮淨院文化部
出版サイト http://www.chilin.edu.hk/
出版地九龍, 香港, 中國 [Kowloon, Hong Kong, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード龍樹=龍猛=Nagarjuna=kLu-sgrub; 漢傳佛教=大乘佛教=北傳佛教=Mahayana Buddhism; 菩薩=Bodhisattva; 菩薩; 科判=科文=Scriptural Synopses ; 佛教; 佛陀=Gautama Buddha; 佛法=Buddhadharma ; 佛; 因明; 吉藏=Jizang; 中觀學派=龍樹學=中觀佛教=Madhyamaka=Madhyamika; 中觀; 中論=Madhyamika-karika; 大乘
抄録龍樹菩薩是西元二至三世紀印度人,學識淵博,窮究三藏,著述甚豐,有「千部論主」的美譽。龍樹的學說開顯佛法正義,發揚佛教精神,促進大乘佛教的發展,為中觀學派的奠基者,是佛陀以後最偉大的佛學家,被尊為「第二釋迦」及「八宗之祖」。龍樹菩薩超卓的哲理辨析及實踐方法,對世界宗教文化有莫大的貢獻。《中論析義》乃李潤先生解說剖析龍樹《中論》義理的新著,為現代漢文註釋和分析《中論》最詳盡的書籍。本書除《中論》本頌外,還選用了青目《中論釋文》、吉藏《中觀論疏》、《藏要》本所校梵、藏、漢文諸本資料,及近代西方、日本學人的著作,故是書資料豐富,規模宏大。作者更依科判作出疏解,並運用佛家因明與現代邏輯的方法加以分析論證,使含義更為明確清晰。本書視野廣闊,甚具獨到見解,是一部極有學術價值的著述,為研究佛學人士所必備的參考書。
ISBN9628412132
ヒット数1252
作成日2008.04.03
更新日期2008.04.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
157824

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ