サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
十二門論析義
著者 李潤生
出版年月日2003.12
出版者志蓮淨苑文化部
出版サイト http://www.chilin.edu.hk/
出版地九龍, 香港, 中國 [Kowloon, Hong Kong, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード藏文; 龍樹=龍猛=Nagarjuna=kLu-sgrub; 般若波羅密多=般若=Prajnaparamita=Prajna=Perfection of Wisdom; 佛教; 佛; 自性=Svabhava; 因果=Cause and Effect=Causality=Causation; 印度佛教=Indian Buddhism; 中觀; 中論=Madhyamika-karika; 中陰身=中有=intervalic Existence=Antara-Bhava=Bardo; 十二門論
抄録《十二門論》是龍樹論師繼《中論》之後的另一經與之作,透徹淋漓地發揮了龍樹所創的「緣生性空」思想,是印度佛教「般若中觀」理論的根本依據之一。此論唯有現存的羅什漢譯,梵、藏文本俱缺,故彌足珍貴。此論內容,雖不如《中論》的廣泛,但討論範圍則更為集中,重點在「破法執」與「破我執」。破「法執」中,包括破因果、破法相、破法性,對外小所執「因中有果論」、「因中無果論」、「生、住、異、滅有為相」、「不生、不住、不異、不滅無為相」、「能相」、「所相」,乃至一切自性實有的封執,都能徹底遮破;破「我執」中,則包括破「神我」與破創造神論的「大自在天」造物主思想;最終連能破之「空」的計執一起遮破殆盡,使「畢竟空」的精神朗現無遺。作者於《十二門論析義》中,分析每一門的組織結構,闡釋其內容細節,臚列其辨破論式,並語譯其深邃難解的原文,令讀者聲入心通,明確清晰地理解龍樹《十二門論》的全部涵義,通達「緣生」、「無實自性」的「般若中觀空義」的核心思想而得其可靠的依據。
ISBN9628412159
ヒット数984
作成日2008.04.03
更新日期2008.04.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
157834

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ