サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
敦煌學佛教學論叢
著者 方廣錩
出版年月日1998
出版者中國佛教文化出版有限公司
出版地九龍, 香港, 中國 [Kowloon, Hong Kong, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード藏經=大藏經=Tripitaka ; 寫經=抄經=To Copy the Scriptures ; 圖書館; 敦煌學=敦煌佛教=Dunhuang Buddhism; 敦煌寫本=敦煌遺書=敦煌卷子=敦煌文獻=The manuscripts of Dunhuang=Documents from Dunhuang; 毘佛略=方廣=Vaipuly; 其他; 佛學研究=佛教學=Buddhist Studies=Buddhology; 佛教寺院=Buddhist Monastery=Buddhist Temple; 佛教史=Buddhist History; 佛教文獻學; 佛教; 佛; 寺院; 文獻學; 中國佛教史=Chinese Buddhist History; 中國佛教=Chinese Buddhism
抄録一九零零年敦煌藏經洞的開啟、敦煌遺書的發現,促進了世界性的顯學──敦煌學的誕生。一百年來,中外學者不斷努力地研究,產生了豐碩的成果。而敦煌遺書亦與甲骨文、漢簡、故宮大內檔案,被稱為中國近代四大學術發現。敦煌遺書本屬佛教寺院藏書,百分之九十以上的敦煌遺書都是佛教文獻。因此,佛教研究在敦煌學中佔有獨特的重要地位。本書作者方廣錩博士多年從事佛教與佛教文獻學、敦煌學的研究,曾應邀為大英圖書館所藏敦煌遺書鑒定、編目,被英國有關人士稱為是「公認的早期佛典的專家」;亦曾應邀赴日本考察、鑒定敦煌遺書,被日本《中外日報"評論為是「大藏經、寫經文獻資料調查的權威」。還曾考察過法國與俄國收藏的敦煌遺書與其他寫經,現主持北京圖書館藏敦煌遺書編目,被國際敦煌學界有關學者譽為「世界上實際接觸敦煌遺書原件最多的人」。本書收入作者近年所寫的有關敦煌學的論文二十二篇,內容包括敦煌藏經洞封閉的原因與年代、敦煌遺書的分類等敦煌學界的熱點、難點問題,也包括對敦煌遺書中各種佛教文獻的綜合研究、分類整理及個案分析。本書充分反映了作者在全面佔有資料前提下的文獻整理功力,也不乏作者對敦煌學及中國佛教史的獨創性見解。著名學者季羨林稱本書「材料務求全備,探討務求深透,論證務求詳盡,敘述務求正確」,給予了高度的評價。
ISBN9627571091
ヒット数736
作成日2008.04.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158268

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ