サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《壇經》探釋
著者 李潤生
出版者志蓮淨苑文化部及夜書院
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード頓悟=Immediate Enlightenment=Immediate Understanding; 敦煌寫本=敦煌遺書=敦煌卷子=敦煌文獻=The manuscripts of Dunhuang=Documents from Dunhuang; 唯識=Mind-Only Buddism=Consciousness-Only Buddhism=Vijnaptimatrata=Vijnaptimatra; 般若波羅密多=般若=Prajnaparamita=Prajna=Perfection of Wisdom; 修持; 初期佛教=早期佛教=根本佛教=原始佛教=Primitive Buddhism=Early Buddhism; 念佛三昧=般舟三昧=一行三昧=一相三昧=常坐三昧=Ekavyuha-Samadhi; 佛教; 佛性=Buddhahood=Buddha-gotra=Buddha Nature=Buddha-dhatu; 佛; 自性=Svabhava; 如來藏=Tathagata-garbha=Tathagatagarbha ; 公案=語錄=Koan; 六祖壇經=壇經=The Sixth Patriarch's Sutra=Manda-sutra; 中觀; 三寶=The Three Jewels; 三摩地=三昧=Samadhi
抄録《六祖壇經》雖非釋尊所說,卻被尊稱為「經」,成為現代知識分子最愛研習、影響最深、流通最廣的佛典,實在值得我們去解讀採究。自胡適發現敦煌寫本及整理《神會語錄》後,有關《壇經》作者與版本問題引起學人的研究與激烈的諍論。其實對《壇經》如何繼承根本佛教的精神?如何吸納般若中觀及如來藏佛性思想,乃至唯識法相的理論?如何與中土儒、道思潮的融通,激發而成南禪不立文字、直指人心、頓悟成佛的教外別傳之獨特修持的禪法?此等問題更值得我們去探索,去研釋。故講者希望通過課程上半部,作《六祖壇經》的選擇,針對上述有關問題,獲致信而有徵的清晰如實的解答。課程上半部講者經已選講其中首章〈行由品〉,通過經義的疏解與資料的引證,澄清了《壇經》作者與版本的問題,疏導了《壇經》如何繼承佛家如來藏與般若中觀的思想,會通了中國儒、道的本土精神。今年再作《壇經解讀》,選釋「般若」、「定慧」、「坐禪」、「頓漸」、「機琢」諸品,直接探索《壇經》如來禪與祖師禪的基本禪法,徹底理解是能與《壇經》的「萬法不離自性」、「定慧一體」、「一行三昧」、「自性三寶」、「唯心淨本」、「煩惱即菩提」,以及「無念為宗」、「無相為體」、「無住為本」的「一悟便至佛地」之「頓悟成佛」法門,並探究此法門背後的思想源泉,會證其與如來藏、般若、唯識、儒家、道家之思想理論的關係。
年份:2003年
堂數:共30講
ヒット数796
作成日2008.04.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158281

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ