サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《俱舍論》「界品」導讀
著者 釋法光
出版年月日2004
出版者志蓮淨苑文化部;夜書院
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード菩提達摩=菩提達磨=達摩=達磨=Bodhidharma; 俱舍論=阿毘達磨俱舍論=Abhidharmakosa=Abhidharmakosabhasya; 阿毘達磨=論藏=Abhidhamma Pitaka=Abhidharma Pitaka; 自相=svalaksana ; 玄奘=Xuanzang=Hiuen Tsiang; 世親=Vasubandhu; 六道=Six Paths=Six States of Existence=Six Destinies=Six Directions of Reincarnation; 上座部=Sthavira
抄録世親的《俱舍論》,以精密的思辨,綜合了上座部發展以來的精義。玄奘大師的高足普光,曾作如此的稱歎:「斯論……採六足之綱要,備盡無遺……遂使九十六道,同翫斯文;十八異部,俱欣秘典。……故印度學徙,號為聰明論也。」本課程講述《俱舍論》第一章之「界品」。阿毘達磨,以簡擇諸法──即有獨特體性之存在體──為旨趣。本論於詳述宇宙萬有之初,先立「界品」,以諸門分別諸法之性相。蓋界者性也,故本論曰『能持自相故名為界』;性者法之體也,故又曰『能持自相故名為法』。」
年份:2004年
堂數:共26講
ヒット数694
作成日2008.04.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158295

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ