サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
論蕭統文學批評折衷意識的佛學背景=On the Buddhism Background of XiaoTong's Compromise Consciousness in Literary Criticism
著者 高文強 (著)=Gao, Wen-qiang (au.)
掲載誌 武漢理工大學學報(社會科學版)=Journal of Wuhan University of Technology(Social Sciences Edition)
巻号n.5
出版年月日2005
ページ767 - 770
出版者武漢理工大學
出版サイト http://public.whut.edu.cn/xbsk
出版地武漢, 中國 [Wuhan, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者簡介:高文強(1969 - ) ,男,湖北省孝感市人,武漢大學文學院講師,文學博士,主要從事中國古代文學理論研究。
キーワード三教同源=the theory of three teachings togather original; 中道=the view of middle way; 蕭統=Xiaotong; 折衷=compromise
抄録通過具體考察蕭統文學批評思想可以看出,其折衷意識明顯受到佛教三教會通思想和不偏不倚的中道方法的影響。由此可見,梁代佛教思想是影響蕭統折衷意識形成的重要因素。

This paper proposed a hypothesis that Xiao Tong's compromise consciousness in literary criticism may be influenced by the theory of three teachings together original and the view of twofold truth and middle way in Liang Dynasty's Buddhism. Then,by investigating Xiao Tong's literary criticism thought, a conclusion is achieved that Xiao Tong's compromise consciousness in literary criticism is evidently influenced by the thought of three teachings together original and the method of middle way. Therefore , the Buddhism thought in Liang Dynasty is an important factor to influence Xiao Tong’ s compromise consciousness in literary criticism.
ISSN16716477 (P); 16716477 (E)
ヒット数340
作成日2008.04.15
更新日期2020.03.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
158327

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ