サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
灌頂對「天臺學」與「涅槃學」的融通=Mixture of "Study of Tiantai" and "Buddhism" by Guan Ding
著者 陳堅 (著)=Chen, Jian (au.)
掲載誌 臺州學院學報=Journal of Taizhou University
巻号v.29 n.1
出版年月日2007.02
ページ9 - 14
出版者臺州學院
出版サイト http://www.tzc.edu.cn/
出版地臨海, 中國 [Linhai, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者簡介:陳堅(1966- ),男,浙江臨海人,教授,博士。
キーワード灌頂=Guan Ding; 天臺宗=Tiantai Sect; 天臺學=Study of Tiantai; 涅槃學=Buddhism; 融通=mixture
抄録作為智顗生前的助手及其圓寂後的接班人,灌頂在天臺宗發展史上舉足輕重。可以說,天臺宗創始於智顗,但卻成熟於灌頂,這有三方面的表現:他將智顗一生所宣講的「天臺學」整理結集成文字流傳後世,使天臺宗有了自己的文字經典;他為智顗集史作傳,使天臺宗有了自己的教主;他將還不太為人所熟悉的「天臺學」與當時在社會上有廣泛群眾基礎的「涅槃學」進行融通,引導大批「涅槃學」的信徒皈依於天臺宗,使天臺宗有了自己的組織體系。這最後一個方面體現了灌頂在佛學上的創新以及對智顗的超越,並最終使天臺宗成為一個強有力的既有理論體系又擁有較多信徒的有組織的佛教宗派。

Guan Ding, Zhi Yi's aide and successor, plays an important role in the development of Tiantai Sect. Tiantai Sect is established by Zhi Yi and Guan Ding helps to reach its maturity: first, be collects and edits what Zhi Yi has preached and makes it classic of Tiantai Sect; second, he writes a biography for Zhi Yi's works, and Tiantai Sects thus has its own founder; lastly, he mixes “Study of Tiantai”, unfamiliar to people at that time, and prevailing “Buddhism”, which makes many followers of “Buddhism” converted to Tiantai Sect and Tiantai Sect thus owns its organization, which shows Guan Ding’s bringing new ideas in the Buddhism and his surpassing. Tiantai Sect consequently turns into a forceful Buddhism organization with many followers and its own theoretical system.
目次一、灌頂與天台宗 9
二、「涅槃學」梗概 10
三、灌頂融「涅槃學」於「天台學」 11
四、灌頂疏解《大般涅槃經》的實踐意義 13
參考文獻 14
ISSN16723708 (P)
ヒット数521
作成日2008.05.19
更新日期2020.01.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
159925

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ