サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教輪回觀的道德形上學意義=Significance of moral metaphysics of Buddhism samsara
著者 董群 (著)=Dong, Qun (au.)
掲載誌 東南大學學報=Journal of Southeast University
巻号v.9 n.6
出版年月日2007.11
ページ12 - 17, 126
出版者東南大學
出版サイト http://www.seu.edu.cn/
出版地南京, 中國 [Nanjing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード輪回; 佛教倫理=Buddhist Ethics; 道德形上學
抄録作為佛教倫理的道德形上學原理之一,輪回原理具有重要的地位,構成了人們行善去惡的行為動力,其具體的原理涉及業報論、三世論、六道論等。業報論解釋了業因報果的作用,構成佛教的道德因果律,這是排除了上帝作用的自然律,突出了人的自由意志。三世因果論解釋了人們現世生存狀態的原因,指示人們在當下應當的行為方式,也指出了今后的人生發展趨勢,是業報論在時間中的體現。六道則是輪回的具體范圍,既有空間性意義,更有共時的價值性含義。六道輪回的價值指向則是超越輪回,追求解脫。在輪回的主體問題上,佛教進行了長期的探索,提出了各種不同的看法。

[Abstract]
As an important doct rine of moral metaphysics of Buddhism , samsara forms people’s behavior motives of doing good works and ridding of bad things. The doct rine involves the theories of comeuppance , three lifetimes and six aspect s of samsara. The theory of comeuppance composes the law of moral causation , a natural law exclusive of the God’s influence ; the theory of three lifetimes explains the reasons of people’s present existence , instructing their way of doing things and also pointing out the direction of human life ; the theory of six aspects of samsara indicates the specific range of samsara which has both spatial and synchronic significance. The value goal of six aspect s of samsara is to surpass samsara for final extrication. In the lasting and profound exploration on the topic of Buddhism samsara , various views and opinions have been put forward.

目次一、道德因果律之業報 12
二、三世因果 13
三、六道輪回 14
四、輪回主體的探討 16
五、結語 17
ISSN1671511X (P)
ヒット数554
作成日2008.05.26
更新日期2019.11.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
160294

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ