サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
儒家"義利之辨"與佛教"自利利他"比較研究=On the Comparison between Confucianism and Mahayana about their Egoism and Altruism
著者 陳堅 (著)=Chen, Jian (au.)
掲載誌 齊魯學刊=Qilu Journal
巻号n.5
出版年月日2007
出版者曲阜師範大學
出版サイト http://www.qfnu.edu.cn/
出版地曲阜, 中國 [Qufu, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード儒家=Confucianism; 佛教=Buddhism; 義利之辨=Egoism; 自利利他=Altruism
抄録"義利之辨"是儒家的一個傳統論題,"自利利他"是佛教的一個基本主張,這兩者在形式上具有一定的同構性,即"義"相當于"利他",而"利"相當于"自利",但在內容上兩者卻有很大的差別,體現了儒佛之間不同的價值取向。儒家的"義利之辨"是在倫理向度上立義的,而佛教的"自利利他"則是在境界向度上立義的;儒家在"義利"關系的處理上重視"義",以"義"為前提來達成"義"與"利"的平衡,而佛教在"自利利他"關系的處理上則重視"自利",以"自利"為前提來達成"自利"與"利他"的平衡。

Confucianism as well as Mahayana has it's propositions of Egoism and Altruism.Confucianism deals with it's Egoism and Altruism in the meanings of ethics,while Mahayana in the meanings of Buddhist realm.Confucianism argues that Altruism is more important than Egoism,while Mahayana puts forward that Egoism is more important than Altruism.
目次一、倫理向度與境界向度
二、魚與熊掌之兼得與不兼得
三、“自利”和“利他”孰為前提
ISSN1001022X (P)
ヒット数638
作成日2008.05.27
更新日期2020.05.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
160384

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ