サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
談《摩訶止觀》觀業相境的修證
著者 釋覺泰
掲載誌 法華思想與天台佛學研討會(第4屆)
出版年月日2008.05.03-04
ページ32
出版者中華民國現代佛教學會=Association for Modern Buddhist Studies /台灣大學佛學研究中心/南華大學宗教學研究所
出版サイト http://www.enpo.org.tw/www/ambs/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード摩訶止觀; 智顗=智者大師=天台大師; 業=Karma=Kamma; 業相; 觀業相境
抄録佛經中說:「假使經百劫,所作業不亡,因緣會遇時,果報還自受」。「業」的確是不可思議的東西。如果我們不能察覺業的因果關係,被它牽纏且隨他隨意流轉,則內心思緒恆常散亂而不自在,這對生命的進化是一種傷害及懲罰。在《摩訶止觀》中,智者大師將「業」如何透過懺悔及「業相」如何透過止觀成就修行等等的問題做了精彩的開示。所以本文主要討論,何謂業?業如何產生?業的作用?何謂業相?業相何以是修行者可以用來修關的境?其特殊處何在?業相顯現因緣條件為何?如何才能現透過業相做修行?如何觀業相是不思意境?等等這些問題,智者是如何詮釋與開展的。幼稚者強調觀業相的修習,主要想引導行者了悟業性本空,穿透業相走出宿命的輪迴,成就自己的修行。智者的教法中,所論及的那些正確理念,及具體可行的方法?亦是本文所關注的重點。
ヒット数361
作成日2008.06.26
更新日期2015.08.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
161163

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ