サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
道元
著者 石川力山 ; 河村孝道
出版年月日1983.07
ページ423
出版者吉川弘文館
出版サイト http://www.yoshikawa-k.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類論文集=Collected Papers
言語日文=Japanese
ノート日本名僧論集8
キーワード道元; 曹洞宗; 戒; 生死; 公案
目次
竹内 道雄/道元の宗教の歴史的性格 ─ 発心から渡宋までの行実と思想発展
山内 舜雄/『建撕記』に於ける「本来本法性」疑団の考察 ─ 日本天台から見た一解明・『真如観』を中心として
鏡島 元隆/栄西・道元相見問題について ─ 古写本建撕記発見に因みて
中世古 祥道/道元禅師志比庄下向の背景
榑林 皓堂/道元禅の基本的性格
鏡島 元隆/本証妙修の思想史的背景
酒井 得元/正法眼蔵仏性の巻研究序説 ─ 悉有に就いての考察
河村 孝道/正法眼蔵研究序説 ─ 『正法眼蔵』生死巻之研究
渡部 賢宗/受戒と坐禅との関係に就いて ─ 宗学に於ける根本問題の一つとして
小坂 機融/清規変遷の底流
高橋 賢陳/道元に於ける存在時間の論理
西尾 実/正法眼蔵現成公案の構想
東 隆真/道元禅師直後に於ける宗学思想の展開
納冨 常天/道元の鎌倉行化について
水野 博隆/道元禅師における国家と宗教
守屋 茂/救済における四摂法の相即的展開について ─ 特に道元の場合
古田 紹欽/道元と懐奘との間 ─ 興聖寺僧団から永平寺僧団への推移のなかで
嗣永 芳照/日本曹洞宗に於ける大日能忍の達磨宗の消長
石川 力山/寂円派研究序説
河村 孝道/解説
石川 力山/解説
桜井 秀雄/日本曹洞教団と政治及び経済
主要史料解題
主要参考文献
ISBN4642067388
ヒット数389
作成日2008.06.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
161495

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ