サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
慈善的佛教內涵及現實意義
著者 王志遠 =Wang, Zhi-yuan
掲載誌 佛教文化=The Culture of Buddhism=Buddhist Culture
巻号n.4
出版年月日1997
ページ5 - 6
出版者中國佛教文化研究所
出版サイト https://www.chinabuddhism.com.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード慈善事業; 佛教教育; 《太上感應篇》; “民胞物與”; 操作性; 現實意義; 生命體; 《大智度論》; 重要作用; 中西方文化
抄録慈善,是一個古老的概念。《北史·崔光傳》:“光寬和慈善,不忤於物,進退沈浮,自得而已。”而在此之前,《韓非子·內儲》:“王日,慈惠,行善也。”即以慈愛優惠來做善事。直接釋義大約是“以慈行善”。既然是“以慈行善”,其重點則在於對“慈”的理解。“慈”,《說文》只注二字:“愛也。”《左傳》:“宣慈惠和”,做疏注的人發揮道:“慈者愛,出於心,恩被於物也。”這就把中國古代對慈及愛的理解講得比較清楚了:慈,是一種發自內心世界的愛,她的恩惠要遍施於萬物,當然首先是人。漢代賈誼講:“側隱憐人,謂之慈。”對人,要有側隱同情之心,將別人的痛苦當做自己的痛苦,將別人的危難當做自己的危難。及至北宋張載,更提出了著名的
ISSN10042881 (P)
ヒット数470
作成日2008.07.03
更新日期2018.07.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
162088

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ