サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Buddhism in War: A Study of Cause and Effect from Sri Lanka
著者 Harris, Elizabeth J.
掲載誌 Culture and Religion: An Interdisciplinary Journal
巻号v.2 n.2
出版年月日2001
ページ197 - 222
出版者Routledge
出版サイト https://www.routledge.com/
出版地Abingdon, UK [阿賓登, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードSri Lanka; Buddhism; narrative; war; colonialism; identity; narrative
抄録In this article, I explore two attitudes towards war present among Buddhists in contemporary Sri Lanka: support for an all-out military victory over the Liberation Tigers of Tamil Eelam (LTTE) and support for a ceasefire followed by a negotiated settlement. After a phenomenological presentation of the two approaches, I turn to the factors that have conditioned them. I argue that canonical narrative is drawn on both to support the war and to reject it and then look at more recent colonial history to provide further data, particularly to the dynamic undergirding Buddhist support for war. In the nineteenth century, under British rule, one significant 'other' for Sri Lankan Buddhists was the Christian. A pattern of spirited defence developed in the face of what was seen as humiliation and betrayal at the hands of Christians. This pattern, the paper suggests, can throw light on responses in the present to the very different 'other', the LITE.
ISSN14755610 (P); 14755629 (E)
ヒット数577
作成日2008.07.25
更新日期2020.02.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
163510

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ