サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
山西平定開河寺石窟
著者 李裕群 ; 山西省古建築保護研究所 ; 北京大學考古學系石窟調查組
掲載誌 文物=Cultural Relics
巻号v.1997 n.1
出版年月日1997
ページ73 - 85
出版者文物出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:山西省古建筑保護研究所; 北京大學考古學系石窟調查組
キーワード石窟=cave
抄録一開河寺石窟位于山西省平定縣巖會鄉亂柳村西1公里。此地為陽泉市區與平定縣交界處,西南距縣城8公里;西距陽泉市亦約8公里左右(圖一)。從陽泉市沿桃河河畔東行即可抵達。石窟居桃河北岸山坡南麓的斷崖上,地勢較低,僅高出河床約5米左右(圖二)。石窟規模很小,僅有三個小型洞窟,東西布列于寬約6米的崖面上。由東而西分別為第1至3窟(圖三)。此外,窟區之西10余米
ISSN05114772
研究種類南北朝-北朝
研究年代隋代
研究地域山西(平定開河寺石窟)
ヒット数233
作成日2008.08.28
更新日期2016.03.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
165058

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ