サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
日據初期日本在臺灣的宗教調查及其宗教政策 ── 以佛教調查為中心的考察=The Religion Investigation of Japanese in Taiwan and its Religious Policy at the Beginning of Governance: The Research around the Buddhism
著者 王志平 (著)=Wang, Zhi-ping (au.) ; 吳敏霞 (著)=Wu, Min-xia (au.)
掲載誌 臺灣研究集刊=Taiwan Research Quarterly
巻号n.3 (總號=n.89)
出版年月日2005
ページ55 - 60
出版者廈門大學台灣研究院
出版サイト http://twri.xmu.edu.cn/
出版地廈門, 中國 [Hsiamen, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード日據臺初期=Japan governing Taiwan at initial stage; 宗教調查=religious research; 宗教政策=religious policy
抄録日本據臺初期,非官方和官方組織了一系列以佛教為中心的宗教調查。這些調查涉及日本佛教在臺的布教、臺灣寺廟僧侶、臺灣原有習俗信仰、臺灣佛教歷史發展等。在調查的基礎上,日據當局形成了其初期的宗教政策,即對來臺的日本佛教加以有限的控制和限制,對臺灣舊有宗教實行有限的「放任主義」,是其「舊慣溫存」政治統治政策的體現。日據初期的宗教政策,確立了日據當局對臺灣宗教發展的統轄地位,影響了臺灣傳統佛教的發展方向,開拓了日本佛教以後在臺灣的發展空間。

At the beginning of Japan’s governance, the official and unofficial organized a series of buddhism investigating in Taiwan.These investigatings include the preaching by Japanese monk in Taiwan, the Taiwan’s monk and temple, the former custom in Taiwan, the history of the Taiwan Buddhism’s development. At the base of the research, the colonial government made its religious policy: limiting the Japanese Buddhism’development in Taiwan, adopting limited noninterference to Taiwan’s religion. This religious policy, established colonial government the position of governing the Taiwan religious, influenced the developing direction of the Taiwan Buddhism, expansioned the developing space of the Japanese Buddhism.
目次一、日據初期的各類宗教調查 55
二、日據初期殖民當局宗教法令的頒佈 57
三、日據初期日本在台宗教政策的特點和影響 59
ISSN10021590 (P)
ヒット数544
作成日2008.09.18
更新日期2020.02.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
166431

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ