サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國佛教應走什麼道路 -- 關於居士佛教的思考
著者 何勁松 (著)=He, Jin-song (au.)
掲載誌 世界宗教研究=Studies in World Religions
巻号n.1
出版年月日1998
ページ22 - 30
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
抄録本文認為,兩千年來的傳統佛教總體上是消極發展的,明清以降,佛教隊伍已衰敗至極,近代,楊文會、太虛等人提出“人間佛教”理念,為中國佛教的發展指明了方向。楊文會、太虛二人的改革經驗證明,中國佛教的改革只有靠居士階層來進行,而近代魏源、龔自珍、康有為、梁啟超、譚嗣同、章太炎等一大批居士的出現已經證明了這一點。最後,作者還為“居士佛教將成為今後佛教的主流”大膽地提出了八點理由。

目次一.兩千年來傳統佛教到底扮演了什麼角色
二.“人間佛教”——近代中國佛教的發展方向
三.楊文會、太虛等人的改革說明了什麼
四.近代居士佛教的興起
五.居士將成為今後佛教的主流
ISSN10004289 (P); 10004289 (E)
ヒット数425
作成日2008.09.19
更新日期2019.09.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
166492

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ