サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教四大說對傳統醫學的影響=The Influence of the Four Principal Doctrines of Buddhism on Traditional Medicine
著者 申俊龍 (著)=Shen, Ju-long (au.)
掲載誌 南京大學學報 (哲學.人文科學.社會科學版)=Journal of Nanjing University (Philosophy, Humanities and Social Sciences)
巻号n.3
出版年月日2001
ページ73 - 78
出版者南京大學學報編輯部
出版サイト http://www.nju.edu.cn/cps/site/newweb/foreground/
出版地南京, 中國 [Nanjing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:南京大學哲學系
キーワード佛教四大說=Four Principal Doctrines of Buddhism; 元氣=the Primary Qi; 陰陽五行=Yin Yang and the Five Elements
抄録外來的佛教思想對中國傳統醫學理論產生了重要的影響。其關于宇宙構成的四大說 ,曾影響過元氣說、陰陽說、五行說等中醫基本理論。四大說的構成論思想 ,對傳統醫學的元氣—陰陽—五行的生成論思想不斷滲透影響 ,在明末清初醫學家喻嘉言理論中得到綜合 ,產生四大歸陰、有形俱壞的陰邪論 ,為傳統醫學思想史留下了文化交流的精彩一頁。

The exotic theories of Buddhist have produced great impact on the theories of traditional Chinese medicine (TCM). Their four principal doctrines about cosmic composition affected the fundamental theories of TCM such as the doctrines of the Primary Qi,Yin Yang and Five Elements. The infiltration of the theory of cosmic composition of Buddhism into the TCM culminated in the comprehensive summary of YU Jia-yan, a medical expert of the late Ming and early Qing Dynasties, and resulted in the famous Yinxie theory. This serves as a brilliant example of cultural exchange in the history of traditional medical theories.

目次一.佛教四大說與中醫元氣說 73
二.佛教四大說與中醫陰陽說 75
三.佛教四大說與中醫五行說 76
四.佛教四大說與喻嘉言的陰邪論 76
ISSN10077278 02575892 (P); 10077278 (E)
ヒット数870
作成日2008.09.25
更新日期2019.11.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
166547

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ