サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
莊子僧肇人生觀比較研究 ── 基於道家哲學與佛教中國化關係的研究=A Comparative Study Between Zhuang Zi's and Seng Zhao's View of Life: Based on the Relation Between Taoist Philosophy and Chinese Buddhism
著者 陳紅兵 (著)=Chen, Hong-bing (au.)
掲載誌 管子學刊=Guan Zi Journal
巻号n.1
出版年月日2008
ページ85 - 91
出版者齊文化研究院
出版サイト http://qwhyj.sdut.edu.cn/
出版地山東, 中國 [Shandong, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード莊子=zhuangzi; 僧肇=sengzhao; 《肇論》; 人生觀=View of life; 境界=Extent reached; 理想人格=Ideal personality; 佛教中國化=Chinese Buddhism
抄録莊子與僧肇的人生觀分屬傳統道家哲學和大乘佛教哲學,兩者之間有本質的差別,莊子在人生價值取向上主要追求的是個體精神自由,僧肇則繼承了大乘佛教「自覺覺他」、度化眾生的理想。兩者不同的人生價值追求在處世觀、理想境界、理想人格等方面均有相應的體現。由於大乘佛教本身具有關注現實人生的特徵,加上僧肇有意識地吸收融合老莊玄學的思想內容,因此,僧肇人生觀中的共同點也是多方面的。僧肇哲學站在般若中觀學說的立場上,承續了魏晉玄學的理論主題和體用一如的思維意向,並從思想理論的許多方面對兩種思想資源進行了融通,在推進魏晉玄學向前發展的同時,對佛教的中國化和中國哲學的發展趨勢具有導向作用。

The view of life of Zhuangzi belongs to Taoism philosophy and that of Seng Zhao belongs to the multiply Buddhist philosophy, there is the difference of essence between both: On life pursue, what Zhuangzi pursued is individual spiritual freedom, and Seng Zhao had inherited the ideal of multiply Buddhist on awaking all living creatures. The different life pursue between both has corresponding embodiment in the aspects such as worldview, behavior models, ideal extent reached and ideal personality. on the station of outlook on life of Madhyamika, the philosophy of Seng Zhao absorbed and f used t he thoughts of Zhuangzi and Wei-Jin metaphysics, and have moved forward the development of Wei–jin mtaphysics and Chinese philosophy.

目次一.世界觀比較 86
二.人生價值取向比較 87
三.處世觀比較 88
四.理想境界比較 88
五.理想人格比較 89
ISSN10023828 (P)
ヒット数561
作成日2008.10.20
更新日期2020.05.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
167078

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ