サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪宗 -- 生活重於教義,審美高於信仰=On the features of Chan Buddhism
著者 陳堅 (著)=Chen, Jian (au.)
掲載誌 信陽師範學院學報(哲學社會科學版)=Journal of Xinyang Normal University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号n.1
出版年月日2006
ページ9 - 13,30
出版者信陽師範學院學報編輯部
出版サイト http://www.xytc.edu.cn/
出版地信陽, 中國 [Hsinyang, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード禪宗=Chan Buddhism; 日常生活=daily life; 教義=Buddhism doctrines; 審美=aesthetic state; 信仰=belief
抄録主張“不立文字,教外別傳”的禪宗與傳統佛教以及一般的所謂宗教有很大的差異,這往往導致人們很難理解甚至誤解禪宗。實際上,禪宗的特徵可以概括為“生活重於教義,審美高於信仰”這十二個字。一方面,禪宗否定佛教教義,將日常生活本身當做修行;另一方面,禪宗又“呵佛罵祖”,拋棄對佛的信仰,只追求個己“禪悅”的審美境界。盡管禪宗看起來頗為離經叛道,但是禪宗依然認為自己沒有違背佛教的基本精神且最能反映佛教的終極關懷。

Chan Buddhism is very different from traditional Buddhism and generally so-called religion by advocating that daily life is more important than Buddhism doctrines while aesthetic enjoyment more important than belief.On one hand,Chan Buddhism denies Buddhism doctrine,making daily life itself as Buddhist practicing;on the other hand,Chan Buddhism deserts the belief in Buddha,just pursuing the aesthetic state of peaceful happiness in one's internal mind.Though Chan Buddhism seems as rebelling against the prevalent ideas and practices of Buddhism, it still considers that it mirrors the spirits of Buddhism most thoroughly than other sects of Buddhism.

目次一.生活重於教義 9
1.關於佛教教義 9
2.禪宗的“去教義化”傾向 9
3.禪宗的“生活化”建構 10
二.審美高於信仰 10
1.關於佛教信仰 10
2.禪宗的“無厘頭” 11
3.禪宗的審美境界 11
三.禪宗的自我辯護 12
1.“經是佛語,禪是佛心” 12
2.眾生的“自性心”即是“佛心” 12
3.“自心歸依自性,是歸依真佛” 13
ISSN10030964 (P)
ヒット数392
作成日2008.11.13
更新日期2020.01.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
168360

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ