サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
寂聴あおぞら説法4
著者 瀬戸内寂聴
出版年月日2008.09
ページ252
出版者光文社
出版サイト http://www.kobunsha.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
目次
第39話 ’05年4月、『悲しみよこんにちは』のサガンの軌跡を追ってフランスへ「真実とは恐ろしいもの。でも私は知ってから死にたいのです」
第40話 ’05年7月、天台寺住職“卒業後”初めての法話「心から謝れば、仏様は許してくれます」
第41話 ’05年9月、伝教大師最澄が灯した灯明が天台寺に「一身弁じ難く─一人で頑張ってもたいしたことはできません」
第42話 ’06年1月、国際ノニーノ賞受賞でイタリアへ「お掃除をするのも一生懸命。情熱があるから生きていける」
第43話 ’06年5月、春の例大祭で明かした健康法「欲望は人を幸せにしません。苦しい思いにさせるだけです」
第44話 ’06年6月、84歳で自らの“寿命”を思う「摩訶不思議な力に私たちは生かされています」
第45話 ’06年11月、文化勲章を受章「長生きしてよかった。観音様がくださったご褒美です」
第46話 ’07年8月、右目の手術を受ける「人間の一生には雄時と雌時があります」
第47話 ’07年9月、故郷・徳島で、なつかしい人たちを語る「生きるということは愛すること。一人一人の思い出は尽きません」
第48話 ’08年2月、次々に訪れる“親しい人”との別れ「あの世を信じるかどうかが、人間が救われる境目だと思います」
第49話 ’08年5月、『源氏物語千年紀』で全国を駆けめぐる日々「女がスクラムを組めば、世の中をひっくり返せるのです」
ISBN9784334975494
ヒット数308
作成日2008.12.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
170792

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ