サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Zen Enlightenment: Origins And Meaning
著者 Dumoulin, Heinrich
出版年月日2007
ページ175
出版者Shambhala
出版サイト http://www.shambhala.com/
出版地Boston, MA, US [波士頓, 麻薩諸塞州, 美國]
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
ノートOriginally published: New York: Weatherhill, 1979./ Includes bibliographical references and index.
抄録History and essence are tightly interwoven in Zen Buddhism. Zen Buddhists trace their school's way of enlightenment back to the terrains of India and the founder of the Buddhist religion, Shakyamuni. In Zen Enlightenment: Origins and Meaning , Heinrich Dumoulin explains how Mahayana Buddhism, originating in the spiritual legacy of India, met with Chinese Taoism, an encounter essential to the birth of Zen, the meditation school of Mahayana. And there, primarily through the activity of the great masters of the T'ang period (618–906), Zen acquired its distinctly Chinese character. Beautiful quotations from Chinese Zen literature and nuanced chronicles of contemporary Zen students, along with compilations of koans and sayings of the masters, add color and perspective to the fascinating picture we have of the early Chinese Zen movement.
ISBN9781590305294; 1590305299
ヒット数1677
作成日2008.12.18
更新日期2008.12.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
171255

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ