サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
本願寺
著者 井上鋭夫
出版年月日2008.10
ページ289
出版者講談社
出版サイト http://www.kodansha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート講談社学術文庫 1896
抄録草深い東国に浄土真宗の教えを説いた親鸞。その廟堂は覚如によって寺院となった。ささやかな御堂は封建社会の進展にともない拡大を遂げ、真宗は日本史の表舞台にも登場する一大社会勢力となる。本願寺の成立から発展、信長との対戦、時の政権との結びつき、そして東西分立に至る事情など、日本社会の深部に浸透した教団の背景を客観的に考察する。

目次
第1章 真宗の開創(真宗と親鸞の思想
同朋教団)
第2章 本願寺の形成(大谷廟堂
大谷の紛争
本願寺の成立)
第3章 真宗教団の発展(本願寺の整備
真宗諸派の発展
本願寺の北国教線)
第4章 戦国動乱と本願寺(蓮如の生涯
本願寺教団の確率)
第5章 幕藩体制と真宗教団(近世社会の形成
東西本願寺の分立
教団の機構と基盤)
ISBN9784061598966
ヒット数275
作成日2008.12.19
更新日期2008.12.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
171601

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ