サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
空海をめぐる人物日本密教史
著者 正木晃
出版年月日2008.10
ページ295
出版者春秋社
出版サイト http://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録日本密教の最大の立役者・空海をキーパーソンにして、時代を「空海以前」と「空海以後」に分け、奈良時代から江戸時代までの間に活躍した重要な密教僧20人の生涯と思想を通して、日本の密教の流れを平易に語る。特に空海に関しては、最新の研究成果がふんだんに盛り込まれていて、今までの定説を覆すような注目すべき説も紹介されている。

目次
第1章 空海以前─役行者・玄昉・道鏡(黎明;役行者─民衆レヴェルの密教、修験道の開祖;奈良密教 ほか)
第2章 空海─日本密教の創造者(若き日の謎;秘法の実践;密教の本場、唐へ渡る ほか)
第3章 空海以後─台密と東密の展開(空海を継ぐ人々;中世の密教僧;近世・近代の密教僧)
ISBN9784393172810
ヒット数338
作成日2009.03.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
173689

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ