サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
東亞漢藏佛敎史研究
著者 王俊中 ; 江燦騰 ; 金仕起 ; 潘光哲
出版年月日2003.04.01
ページ333
出版者東大圖書公司
出版地臺北, 臺灣 [Taipei, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録漢傳(北傳)佛教與藏傳佛教因地理及文化等因素的影響,不論在形式與內容上均有相當的殊異。本書以佛教與多民族統治的交涉史為主軸,內容多元,考訂精細,並且常有新的見解提出,在東亞漢藏佛教史的研究領域裡別豎一幟,在當代兩岸少壯派的佛教學者中,可謂異軍突起。本書亦旁涉諸如古代中國佛教宗派的形成、中古佛教醫學的傳播狀況,乃至近代以來的日本佛教轉變、梁啟超的佛教與時局變革的思維等,深具學術價值。
ISBN957192735X; 9789571927350
ヒット数436
作成日2009.03.11
更新日期2009.03.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
173748

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ