サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
「批判佛教」的得與失=Multiple Dimension of "Critical Buddhist" Thought (Symposium)
著者 劉宇光=Liu, Lawrence Yu-guang
掲載誌 學術月刊=Academic Monthly
巻号n.6
出版年月日2007
ページ55 - 57
出版者上海市社會科學界聯合會
出版サイト http://www.sssa.org.cn/home/main.cfm
出版地上海, 中國 [Shanghai, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:復旦大學哲學院
キーワード批判佛教=critical Buddhism; 佛教的批判性=Buddhist critical ; 場所哲學=philosophy of site; 如來藏佛教; 本覺思想
抄録呂凱文指出,袴谷憲昭凸顯"批判哲學"對抗"場所哲學"的意義,旨在遏止"西歐思想(場所哲學)流入日本",免使佛教"非佛教化"而不再具有公開的、客觀的知識批判以及具有公義的社會實踐能力。吳可為提出,松本史朗強調如來藏或本覺思想作為東亞大乘佛教的主流和基礎,是一種非批判性的"界論"、一元論的基體主義、徹底的"我論"。其實,如來藏佛教不但不缺乏批判性,甚至可能提供一切佛教中最全面和最深刻的批判力;松本的解讀基本上依照西方哲學的框架、角度和方法,隱含著一種理性主義和西方中心論的視角。劉宇光認為,"批判佛教"首度嘗試把當代日本佛教中各種抵抗現代實體論的零碎的異議聲音整合為一體,一方面在傳統教義的論辯中凸現出代脈絡中的新向度,另一方面又能把對現代實體的批判定為教義的必然要求;但是,他們存在著本質主義的傾向、論證與修辭上對各種"本土思想"的排他態度以及在方法論上自相矛盾等諸多問題。周貴華認為,"批判佛教"將佛教精神定為批判性,相當程度上是正確的,但佛教作為在漫長歷史中由眾多教派形成的復雜思想傳統,不可能只有一種單面化的衡量與裁定,所以,"批判佛教"對佛教思想特質的歸納頗為片面;從歷史與文獻的角度看,其不少論斷相當...

Lu Kaiwen points out that the significance of protruding "philosophy of critique" against "philosophy of site" lies at "preventing the western philosophy from floating into Japan",and avoiding a result of "non-Buddhism".Wu Kewei puts up that the main stream and the foundation of the East Asian Mahayana Buddhism has a deepening force of critique.Liu Yuguang believes that the critical Buddhism is,on the one hand,protruding a new dimension in modern course in defending its traditional creed,and,on the other ha...

ISSN04398041
ヒット数467
作成日2009.03.17
更新日期2009.03.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
174232

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ