サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
太虛「人生佛教」思想初探
著者 黃夏年 (著)
掲載誌 閩南佛學:第四輯(2005)
出版年月日2006.10
ページ262 - 272
出版者宗教文化出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード太虛; 人生佛教; 從人到佛; 以人為本; 契理契機
抄録太虛大師的“人生佛教”思想是當代“人間佛教”思想的淵源。本文對太虛大師的“人生佛教”思想做了較系統的梳理,認為其思想是產生於後期佛教衰落之時,當時理論與思想沒有得到弘揚,特別是沒有用在提升社會與人生道德的方面,由此他提出了“由人進化到佛”的主張,將人放在了第一位。太虛提出了“以人生為本位”的思想,肯定了人的生存價值,是一個很大的進步。人生佛教的理論,把人生向善作為養成眾生人格的完成過程,要求以積極的態度來看待人生,由是將傳統佛教的“生不如死”變成了“死不如生”,這一轉換,使佛教的生死觀有了根本的轉變,最終將出世的佛教,還原為既能出世又能入世,而且根基落在入世的佛教方面,突出了以人為本的主導思想。人生佛教的價值在於通過一步步腳踏實地認真修持,最終達到實證,也就完成了“大乘漸教” 的成佛道路。其現代意義則是改善已經失去的人心,提升了人們的道德水平,由是對重構當機的佛法,有著指導性的作用,並且成為佛教革命理論的指導思想。
目次一、太虛對佛教弊端的批評 263
二、由人進化到佛的思想產生 264
三、人生佛教與傳統佛教的不同之處 266
四、人生佛教的價值與現代意義 268
ヒット数464
作成日2009.04.20
更新日期2022.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
176260

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ