サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教因果理論的現代意義
著者 徐東來
出版年月日2009.03.25
資料の種類網路資料=Internet Resrouce
言語中文=Chinese
ノート取自於http://www.fjnet.com/fjlw/200903/t20090325_114090.htm
抄録“世事如棋局局新”,世界處在一刻也不停地向前發展的過程中。在這個過程中,存在一些一直都適用的道理或規律,而有一些規律或道理只適用於某一個別或特殊的曆史階段,它們正如那句俗語所說,“長江后浪推前浪,前浪死在沙灘上”,度過了它們適用的時期后,就不再起作用了。而因果思想則是那種在整個過程中一直都適用的道理或規律。可以毫不誇張地說,如果沒有因果律的作用,人類文明將無法創造出來,更不可能保存下去。佛祖正是悟到這個道理,所以將其作為立教的基礎之一。虛云大師曾說:“因果二字,把佛所說的法概括無余了”。當代高僧定因法師在其《普門品講義》一書中也說:“世尊說法四十九年,總括一句,不外‘因果報應’四字而已”。從佛教本身的教義來講,佛陀所說諸法都是終極的真理,是放之四海而皆準的,即使面對多變的世象,它也能從容應對。所以,佛教的因果思想,對今天我們所面對的世界,同樣具有現實的價值。這點我們從佛教因果觀的特點中可以看出。

目次一、緣起因果
二、因果的對應性
三、因緣和合生報性
四、知因斷緣轉果
ヒット数327
作成日2009.05.13
更新日期2015.06.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
178533

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ