サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「眾生佛教」說
著者 王亞榮
出版年月日2009.06.27
資料の種類網路資料=Internet Resrouce
言語中文=Chinese
ノート取自於http://www.fjnet.com/fjlw/200906/t20090627_126241.htm
抄録明清之后,中國佛教日趨衰落,迫使有識之士們反思和改革。近代以來,中國佛教一直在困惑中尋覓,作了許多變革的嘗試,有成功的,也有失敗的。在面臨新世紀全球化的今天,首先要解決的是中國佛教的本質屬性問題。本文認為,所謂的人生佛教、人間佛教、人本佛教,等等,都是“我們”自己發明的概念,是從“我們”自己的角度出發的單向思維。不管是以人為本的佛教還是以佛為本的佛教,應該回歸到“眾生佛教”,即回歸佛陀的本懷。古代的印度有過以佛為本的佛教,南北傳分流之后,人的因素凸顯出來。當今的世界變得越來越小,越來越擁擠,“人”和“眾生”的關系日益引起普遍的關注。人只有與眾生和諧相處,走“眾生佛教”的道路,才能從容面對新世紀的全球化,中國佛教的發展才能步入現代化的大道。
目次現代化與“化現代”
人與眾生
人本佛教與“眾生佛教”
“眾生”觀念與全球化
ヒット数246
作成日2009.06.29
更新日期2015.06.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
181205

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ