サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
人間佛教在當代中國的社會定位及其發展構想
著者 姚南強 ; 柴紫慧
掲載誌 人間佛教的當今態勢與未來走向:海峽兩岸學術研討會論文集
出版年月日2009
ページ38 - 47
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
抄録人間佛教最早是否可以溯源到六祖禪的創立,任運自然、直指自心,開創了中國佛教人間化的新局面。現代太虛大師的佛教改革,則基本奠定了人間佛教的基礎,印順法師和趙樸老則分別在海峽二岸弘揚了這一思想,但在側重點上似乎有所不同,但不管如何,人間佛教已成為當代中國佛教的主流,所以本文所講的人間佛教的當代定位,實際上主體也是指中國佛教。
目次一、繁華背後的問題
二、人間佛教不是當代中國的“公民宗教”——淡化佛教的政治色彩
三、人間佛教與現代經濟的關系去商業化
四、人間佛教與社會活動的關系——去庸俗化
五、結語:人間佛教要堅持“四破四立”的思想導向
ヒット数397
作成日2009.06.29
更新日期2015.06.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
181208

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ