サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Development of the Temple-Parishioner System
著者 Tamamuro, Fumio (著)=圭室文雄 (au.)
掲載誌 Japanese Journal of Religious Studies
巻号v.36 n.1
出版年月日2009
ページ11 - 26
出版者Nanzan Institute for Religion and Culture=南山宗教文化研究所
出版サイト http://nirc.nanzan-u.ac.jp/en/
出版地名古屋, 日本 [Nagoya, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート2009 Nanzan Institute for Religion and Culture.
Tamamuro Fumio is Professor Emeritus at Meiji University, and is the leading authority on early modern Japanese Buddhism.
キーワードdanka; temple-parishioner system; terauke seido; anti-Christian; shūmon aratame; funerary Buddhism
抄録This essay examines the historical conditions for the establishment of the templeparishioner or danka system. It is difficult to pinpoint the exact beginnings of this system. While there are medieval precedents, the broad development of the relationship between a temple and its parishioners as established through funerary rituals is primarily a phenomenon of the early modern period. I argue that there are roughly five distinct phases to the development of the templeparishioner system: the proto-temple-parishioner system during the medieval period, the beginnings of the temple-parishioner system in the first half of the seventeenth century, the establishment of the temple-parishioner system in the second half of the seventeenth century, the establishment of the registration of religious affiliation, and the emergence of fully developed funerary Buddhism after 1700.
ISSN03041042 (P)
ヒット数1162
作成日2009.07.07
更新日期2017.09.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
182214

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ