サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛學的宇宙觀與人工智慧的哲學問題=Buddhists Cosmology and Philosophical Issues of Artificial Intelligence
著者 歐陽彥正 (著)=Oyang, Yen-Jen (au.)
掲載誌 法鼓佛學學報=Dharma Drum Journal of Buddhist Studies
巻号n.4
出版年月日2009.06.01
ページ189 - 212
出版者法鼓佛教研修學院
出版サイト http://www.ddbc.edu.tw/zh/
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード宇宙觀=cosmology; 唯識論=Consciousness-only School; 中觀論=Madhyamika School; 心物合一=mind-matter monism; 心物二元=mind-matter dualism
抄録本文的主要目的是討論佛學界有關宇宙實相之論述。本文首先由現代電腦的計算能力極限以及新近發展的「DNA(去氧核醣核酸)電腦」理論出發,論述當今資訊科學的理論指向人腦所具備的某些抽象思考能力是電腦所無法模擬的,同時也不是基因與蛋白質等生化分子的作用所能完成的。這樣的論證基本上否定了西方哲學中「唯物論」(或稱「物質一元論」)的宇宙觀。本文接著討論佛學中各種「空性」的論述。本文提出,如果將近代物理學的觀察導入,則不論是小乘佛教常用的「分破空」、「唯識派」的「觀空」以及「中觀派」的「本性空」其實彼此是互通的,也都是宇宙實相的某一種面向。本文並進一步以類比「能量」乃物質世界最基本元素的方式,提出「心量」的論述。在「心量」的論述中,本文提出所有眾生的「靈識體」(或稱靈魂)均是由「心量」所匯集形成的,就如同物理世界中的所有物質均是由「能量」所匯集形成的情況一樣。倘若有朝一日科學上能夠證實「心量」與「能量」其實是可以互換的,則我們的十方世界就是「心物合一」的。

目次一、前言 191
二、人工智慧的極限 193
三、佛學的空觀與現代科學的觀察 195
四、「心物合一」論 198
五、「心量」的論述 200
六、「心量」、「靈識體」與「生命輪迴」 202
七、「心量」論述與「唯識論」的種子說 205
八、總結「心量」論述的宇宙觀 207
九、結語 209
ISSN19968000 (P)
ヒット数1180
作成日2009.07.09
更新日期2021.01.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
182242

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ