サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
基督禪與佛教自覺=Christian Zen and Buddhist Subjectivity
著者 李四龍 (著)=Li, Si-long (au.)
掲載誌 北京大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Peking University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号v.47 n.1
出版年月日2010.01
ページ76 - 83
出版者北京大學出版社
出版サイト http://www.pku.edu.cn/ 或 www.pku.edu.cn/academic/xbss
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為北京大學哲學系副教授、哲學博士
キーワード基督禪=Christian Zen; 神秘主義=mysticism; 宗教對話=religious dialogue; 佛教自覺=Buddhist Subjectivity
抄録 『基督禪』最早出現在耶穌會士喬史頓1971年出版的專著《基督禪:冥想之道》。基督禪是為基督徒而設,既不代表一種新的禪修方法,也不需要放棄基督教的信仰,而是要讓基督徒多一種適應現代社會的信仰方式,強化他們對天主、上帝的領悟。這個概念的提出,是20世紀60年代天主教『梵二會議』積極推動宗教對話的重要成果。禪並不只屬於佛教,基督教可以在東方禪師的幫助下挖掘與發展自己的禪法。其次,這個概念推動了佛教在西方的傳播,刺激了歐美國家的『佛教自覺』。現代社會的佛教自覺,因此常以宗教對話為溝通手段,積極入世。

The concept of Christian Zen first appeared in Jesuit William Johnston's Christian Zen: A Way of Meditation in 1971. Christian Zen does not represent a new of Buddhist maditation, and there is no need for practitioners to give up their own Christian belief. It is a new way for Christians to strengthen their passion for the Lord or God and to help themselves adapt to this global age. This concept Christian Zen is actually an important result of Second Vatican Council, which could benefit the Christian spirituality from Buddhist meditation. It is rooted in the mystical understanding of eastern Zen, first appeared when western missionary learned Buddhism from Japanese masters. Then buddhist subjectivity in modern society often presents itself in various religious dialogues, and actively engaging into worldly affairs, which is called Engaged Buddhism.
目次一、『援佛入耶』的新嘗試 76
二、作為治療術的禪法 78
三、神秘主義及其超越 79
四、宗教對話的倡導 80
五、禪的本土化實踐 81
結語 83
ISSN02575876 10005919 (P); 10005919 (E)
研究種類佛教
研究年代民國
研究地域中國
ヒット数393
作成日2009.07.15
更新日期2019.08.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
182978

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ