サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
當代人間佛教所面臨的核心理論問題
著者 李利安
出版年月日2009.06.26
資料の種類網路資料=Internet Resrouce
言語中文=Chinese
ノート取自於http://www.fjnet.com/fjlw/200906/t20090626_126095.htm
抄録人間佛教作為一種新的佛教發展運動或新的佛教思想与實踐體系,肇始於近代的太虛大師,後來經過趙朴初等人的發展,到今天已經在海峽兩岸獲得進一步發揚光大,並獲得教界、學界和政界前所未有的認同。不過,人間佛教在推廣普及的深度和廣度方面依然面臨很多問題。這些問題看似實踐推廣的不暢,而深層次的原因則是理論難題尚未得到很好解决。
目次一、人間性是佛教的固有特性
二、超人間性是佛教的本質特色
三、佛教超人間性与人間性的關係
四、超人間性在當代人間佛教中的淡化態勢
五、保持超人間性是人間佛教的必由之路
ヒット数291
作成日2009.07.17
更新日期2015.05.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
183220

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ