サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
内在的危機としての末法思想 - 道綽を中心にして=Belief in the period of the last and decadent dharma as an inherent crisis with special reference to Tao-Ch'o
著者 加藤弘孝 (著)=Kato, Hirotaka (au.) ; 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会
掲載誌 佛教大學大學院紀要
巻号n.36
出版年月日2008.03
ページ1 - 14
出版者佛教大學大學院
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード外在的危機; 内在的危機; 末法思想; 『大集月蔵経』; 道綽
抄録本論文では、危機の概念によって末法思想を考察する。危機の思想は外在的危機と内在的危機に分類でき、特定の宗教においては、前者から後者への移行が為された。浄土教では末法思想がこれに該当すると考えられる。すなわち『大集月蔵経』などの経典に説かれる外在的危機の思想は、中国の仏家によって、内在的危機の思想として深く掘り下げられたのである。本論では主に道綽を中心にこの過程を概観する。
目次はじめに 1
第一 道綽の思想的背景 3
第二 『安楽集』に見られる道綽の末法思想 5
第三末法思想における道綽の位置 7
①外在的危機から内在的危機への移行 7
②「特留此経止住百歳」の一文に対する諸師の解釈 8
おわりに 10
ISSN13442422 (P)
ヒット数232
作成日2009.07.17
更新日期2021.01.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
183316

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ