サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
田村芳朗仏教学論集.第1巻 -- 本覚思想論
著者 田村芳朗 (著)
出版年月日1990.11
ページ499
出版者春秋社
出版サイト https://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類論文集=Collected Papers
言語日文=Japanese
抄録本覚思想は、日本仏教のみならず、日本的精神性の核心を示す。斯界の第一人者が、本覚思想の精髄を指し示す本書は、広く日本思想・日本文化を考察するうえで不可欠の論究であろう。

目次仏教における空と無
仏教における絶対観
天台哲学を中心としてみた絶対の探究
日本天台における一乗開会の思想
仏教哲学体系─『大乗起信論』
本覚思想における基本原理
本覚法門と心
本覚思想における実践の原理
天台本覚思想における証の問題
日本思想における空
日本中世における道理の観念─道理法爾と自然法爾
自然と実相
日本における業と自然の思想
日本仏教の仏身論─久遠仏をめぐって
理顕本と事常住
鎌倉新仏教の背景としての天台本覚思想
日本天台本覚思想の形成過程─とくに宋朝禅との関連について
本覚思想と浄土南仏
密教と本覚思想
本覚思想に対する批判論
鎌倉新仏教における生死観
本覚思想と神道理論
日本中世思潮と天台本覚思想
歌論と本覚思想
日本的美と仏教
ISBN9784393111734; 4393111737
関連書評
  1. 田村芳朗著「田村芳朗仏教学論集--宗教学から日本仏教学へ方法に関する一伝言」 / 笠井正弘 (著)
ヒット数905
作成日2009.07.17
更新日期2022.05.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
196976

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ