サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
インド仏教変移論 : なぜ仏教は多様化したのか
著者 佐々木閑
出版年月日2000.11
ページ418
出版者大蔵出版
出版サイト https://www.daizoshuppan.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録初期阿含仏教から後期密教まで、仏教はなぜこれほどまでに多様化したのか?全く異なる教えを説く教団が、お互いを仏教徒であると認め合えるのはなぜなのか?謎を解く鍵は、アショーカ王の時代に起こったひとつの事件にある。この事件は、大乗仏教の発生という巨大な現象を生みだし、仏教を根幹から変えてしまった。本書では、この事件の実態を追求し、仏教変容の根本原因を解明している。
ISBN4804305459; 9784804305455
関連書評
  1. 書評:佐々木閑著『インド仏教変移論/なぜ仏教は多様化したのか』=Book Review: Sasaki Sizuka, On the Transformation of Indian Buddhism: Why Did Buddhism Become Pluralistic? / 平岡聡 (著)=Hiraoka, Satoshi (au.)
ヒット数170
作成日2009.07.17
更新日期2022.01.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
199257

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ