サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
近世の念仏聖無能と民衆
著者 長谷川匡俊 (著)
出版年月日2003.09
ページ241
出版者吉川弘文館
出版サイト http://www.yoshikawa-k.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録幕藩体制下、浄土宗の僧侶のなかに「捨世派」と称される念仏者たちがいた。彼らは出世を捨て、寺院仏教の周縁で信仰復興運動をした近世の念仏聖である。江戸中期の捨世派僧、無能が行った布教の足跡を、民衆との信仰的なかかわりのなかで考察。非浄土系寺院が多数を占める東北での念仏勧化に注目し、脱体制念仏聖の近世的性格とその意義を解明する。
ISBN4642033866; 9784642033862
関連書評
  1. 〈新刊紹介〉長谷川匡俊著『近世の念仏聖無能と民衆』 / 佐賀枝夏文
  2. 長谷川匡俊著『近世の念仏聖無能と民衆』 / 圭室文雄 (著)
  3. 書評/長谷川匡俊著『近世の念仏聖無能と民衆』 / 澤博勝
ヒット数66
作成日2009.07.17
更新日期2022.07.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
199465

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ