サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
<ほとけ>と力 : 日本仏教文化の実像
著者 佐々木宏幹 (著)
出版年月日2002.02
ページ224
出版者吉川弘文館
出版サイト http://www.yoshikawa-k.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録日本人の多くは御利益を期待して寺社に祈願する。「ほとけ」の「力」とは何か。その意味を宗教人類学の視点から分かりやすく説き、葬祭儀礼に経典・教理が果たしてきた役割を探り、葬式の本来の姿を問い直す。日本人独特の宗教観やさまざまな宗教の形態、現代における「癒し」「生きがい」との関わりにもふれ、日本の仏教文化の諸相に鋭く迫る。
目次Ⅰ「ほとけ」と力 宗教人類学的視座から

Ⅱ教理仏教と生活仏教
一 葬祭仏教の諸問題
二 生活仏教の諸相

Ⅲ仏教と民俗宗教のあいだ
一 日本人と信仰
二 霊と力のあいだ 宗教の原初諸形態について
ISBN4642077847; 9784642077842
関連書評
  1. 書評と紹介 佐々木宏幹著『〈ほとけ〉と力 -- 日本仏教文化の実像』 / 鷲見宗信 (著)=Washimi, Munenobu (au.)
ヒット数84
作成日2009.07.17
更新日期2022.05.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
199854

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ