サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
淺論人間佛教思想與儒家思想的關係
著者 劉成有
掲載誌 潮音永輝 -- 紀念太虛大師示寂60周年文集
出版年月日2008.11
ページ224 - 234
出版者宗教文化出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
抄録印度佛教經漢代傳人中國內地以后,曆經容受、光大,至隋唐而諸宗並弘,蔚為壯觀。隋唐以后,中國佛教被宋明理學吸收、改鑄,逐漸呈現出世俗化、居士化的特徵,與儒家的關系也越來越密切。1840年,中西文化在物質層面上展開了正面交鋒,其結果則是給中國人留下了刻骨銘心的恥辱,救亡圖存成了中國社會的主流心態。在這種特定的時代背景下,中國佛教在近現代的復興基本上是沿著理性化、生活化的方向前進著。在當代,兼具理性與生活的人間佛教已成為當代漢傳佛教發展的基本態勢。在這個過程中,佛家除了接受近代科學主義的洗禮之外,也不斷地從傳統儒學中吸取營養,特別關注修心之外的“治國平天下”,從而使新時期的佛教實踐深深地打上了關懷現實人生、關心社會發展的儒家“人世”的烙印。敬安、太虛、印順等就是其中的佼佼者。
ISBN9787802540613
ヒット数192
作成日2009.07.23
更新日期2011.06.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
201606

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ